最近のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
October 2011
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
LINKS
ブログ内を検索
過去のエントリー
地上350mの第1展望台を公開

10月30日、東京スカイツリー®の第1展望台の3層構造(350m、345m、340m)や避難階段心柱(しんばしら)内)、オイルダンパー(制振装置)が報道機関に公開されました。

 

360度のパノラマが楽しめます

 

出発ロビーから分速600mの超高速エレベーターに乗って約1分。
360度の景色を見渡せます。第1展望台からの眺望は約70km先まで見渡せるといわれております。

 

第1展望台で取材を受ける田渕作業所長
up第1展望台で取材を受ける田渕作業所長

 

第1展望台はすり鉢型の3層構造で延べ床面積は約4,100m2、約2千人を収容できます。
ガラスは約71度の角度でせり出し、塔の下もよく見える構造です。

 

制振装置のオイルダンパーup制振装置のオイルダンパー

 

その後、タワー中心部にあり、地震時に制振システムとして揺れを抑える心柱とタワーをつなぐオイルダンパーと心柱内部の避難階段が公開されました。
計96台のオイルダンパーを設置することでタワー内側の壁に衝突しないほかタワー全体に減衰性能を付加しています。
避難階段は地上から第2展望台(地上450m)まで続いており、段数は計2,523段です。

 

心柱内部の避難階段
up心柱内部の避難階段
第1展望台には展望レストランやカフェ、東京スカイツリーオフィシャルショップが入ります。
開業まであと約200日、開業したらぜひ足をお運びください。

 


9月の定点観測を更新しました

眺める空は、すっかり秋色に変わりました。
第1展望台の上では解体用のクレーンが作業を進め、完成後の姿に一歩ずつ近づいています。

 

9月の定点観測

 

北東から(2011.9.28)

 

空撮全景(2011.9.18)

 

真上から(2011.9.18)

 


▲PAGE TOP