最近のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
April 2009
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
LINKS
ブログ内を検索
過去のエントリー
スリーブ工事

現場のTです。担当は空調換気設備工事、衛生消火設備工事です。

 

空調換気設備とは、夏でも冬でも快適に過ごせるように室内の
温湿度をコントロールする冷暖房や、人の呼吸や調理などで
汚れた空気を排出し、新鮮な空気を取り入れる換気などの設備です。
衛生消火設備とは、流し・トイレ等の「水まわり」への給水・給湯・排水や、
火災時に火が燃え広がるのを防ぐためのスプリンクラー・消火栓などの
設備です。

 

現場は鉄骨工事などの躯体工事がメインで、本格的な設備工事は
まだまだこれからです。
ですがですが!、色々な「仕掛け」を今の段階で用意しておかないと
後で困ってしまいます。冷や汗
ということで今回はその中から「スリーブ」(配管や電線を
通すための貫通穴)を紹介します。

 

〇鉄骨梁スリーブ

 

この穴を給水管・排水管・消火管など様々な配管が通ります。
現場に搬入する前に鉄骨工場で穴を開けるので、早い段階で配管ルートを
確定させて、位置を決定しなければいけません。
穴が開けられる大きさ、位置には構造的に制限があるのでそれも事前に
調整が必要です。
下の写真を見ると、未来の配管ルートがイメージできるかと思います。

 

 

〇床スリーブ

 

これは上下階を貫通する配管用に床面に設置したスリーブです。
この後コンクリートを打設することになります。構造的に弱点になりやすい
ので、通常の場所より密に鉄筋が配筋される他、斜め方向にも配筋されます。
コンクリート打設後はこんな感じになります。

 

 

 

本格的に設備工事が始まったら、今回紹介した「仕掛け」が実際に
どう使われているかをお見せしたいと思います。ラッキー

▲PAGE TOP